スポンサーサイト

0
    • 2014.05.21 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    北川ダム釣行

    0
      県南の北川ダムに⾏きました。 

      ⽔温の下がるこの時期からハードベイトの反応が良くなるのですが、午
      前中は全くバ イトも無くシャローや各最上流にも⿂の姿が⾒えませんでした。


      からは 小規模なインレットのランガンにシフトして
      ダムサイト近くの立木の絡む小さなインレットにデカバス発見!!

      ノーシンカーワームをキャストするとあっさり見切られてしまい沈んでしまいました…
      そこでセットしていたラッキークラフトUSAのトラウト200をキャストしてゆっくり巻いていると 下からバイトしてきました。


      この日初めてトラウト200を使ったのですが凄く重たいけどフローティングモデルなので、
      表層の水を動かす力が強くかなりアピール力はハンパないです。


      初めての中止

      0
         9/16(月)、今年のLC関西マスターズは初めての中止となりました。
         
         
        日曜日から台風18号の接近で大阪も風が強くなっていましたが16日の天気予報は「雨のち晴れ」。
        何度もスタッフと協議した結果、予定通り開催する事にしました。
         
        そして朝、現地入りすると会場である枚方大橋駐車場は水没しており、A.m.5:30に中止としました。
        (見た事のない淀川に唖然とするだけでした)
         

        昨年も2日前に京都・滋賀で降った大雨で淀川が濁流化し全員ノーフィッシュという残念な結果となりましたが
        今回は大会そのものが開く事が出来ませんでした。
        参加予約を頂いた皆様や関係者の方々に、この場をお借りしてお詫び申し上げます。
         
        ただ前日、参加者の方々に「開催はしますが台風のため参加は皆様のご判断にお任せします」と連絡させて頂くと
        「開催するのであれば参加します!」とたくさんの返事を頂きました。また当日、朝早くにもかかわらず中止の連絡をしますと
        「とりあえず向かう予定でした。」、「振替日はありますか?」、「ご苦労様です。危ないのでお気を付けて下さい。」等、
        あたたかいお言葉を頂いた事に感謝とお礼を申し上げます。
         
        主催する者として中止の決断をする事は非常に辛いですが「安全が第一」。
        来年の予定はまだ解りませんが安全で楽しく大会が出来るようスタッフ一同努力致しますので
        宜しくお願い致します。
         
         
         
        いつまでも「皆様と共に開催するLCマスターズ」で有り続けます!
         
         
        P.S. 2013年12月。LC関西マスターズに新しく「トラウトの部」が加わります!
               詳細は後日、HPにてお知らせ致しますのでトラウトファンの方はもちろん、バスの方も是非チャレンジして下さい!

        ソルティービーツ&インスタビーター55

        0
          毎年恒例のマグロと太刀魚で慌ただしかった夏も終わり、
          やっとボートシーバスに復帰してきました。

          今回は新製品ソルティービーツをメインに赤潮漂う東京湾を攻めてみました。
          久々だったので状況を探る意味でランガンしてくうちに、
          カッ飛び潮が壁にぶつかって潮がヨレた部分に活性の高いシーバスが多く居るのをみつけ
          ソルティービーツで10数本連発。

          ソルティービーツはイレギュラーなアクションをルアーが勝手に演出するので
          壁際に沿ってただ巻くだけ、オートマチックで便利なプラグです。
           

          連発していくうちにシーバスが5cm位のベイトをボートデッキに吐いたのを見て
          インスタビーター55に替えてソルティービーツよりやや下の層にフォローを
          入れてみる�と70upが連発。
          ローテーションが綺麗にハマった展開でした。
           

          これから秋〜冬に向けてシーバスはハイシーズンを迎えます。
          ぜひフィールドに足を向けてみてはいかがでしょうか。


          淀川へ

          0
            8/31(土)、今回もLCマスターズの開催地、淀川へ行って来ました。
             
             
            台風15号が接近しているのでフィールドの状況が気になりますが、現地に到着すると意外にも天気はまずまずで、
            いつも反応の良い「ビーストレート65」で釣り開始です。
            サイズは小さいですが、このエリアの淀川バスはペラが好きなんでしょうか、バイトが多発します^^
             
            上流部から下流部へ下って釣りをしていると、「風が強くなったか」と思うと、見ている間に北の空が真っ黒になってきました。
            河川敷事務所からも「雷注意報が発令されました」と案内放送が入り安全第一で9時に終了となりました。
             

            短時間ではありましたが、今回の釣行では本流がすこぶる反応良く、一見何もないように見える沖側がヒットポイントでした。
            (見た感じは何もありませんが、ちょっとした変化が大事でした)
            勿論、岸際の変化などもバスの着き場には好条件です。
            同じタイプの護岸から形の変わる護岸は「一見同じコンクリート護岸でも地形の変化」に当てはまりますので狙い目です^^v


            川のバスはポジションの移動も早く、いかに早くその日の状況にマッチ出来るかで釣果に差が
            出るように感じます。


            LCマスターズまであと2週間となりました。
            釣れる淀川で皆様にお会い出来るのを楽しみにしております!



            松原ダムへプラクティス

            0
               NBC大分チャプターが開催される松原ダムへプラクティスに行って来ました。
              まず夏の定番 垂直岩盤をトネスプラッシュで流しているとチェイスが有るけど、なかなか食わない状況でした。
              止めないアクションに変えてみると、良型が連続ヒット!!


              トネスプラッシュなら 連続で動かしてスプラッシュが出なくても、後のスクリューが回っているので 普通のポッパーとは使い方が違う感じでした。
              その後 バックウォーターに移動!  うっすら見える岩影をラバージグ等でチェックするのですが、とにかく岩の数が多いので、クランクベイトLC MTO1.0を岩の裏側に通してやると 少し痩せているけどデカイのがヒットしました。


              土日二日間 この松原ダムで釣りをしましたが、トネスプラッシュSHADEIでかなり釣れました。週末の大会までこのパターンが使えるといいのですが…
              大会頑張ります。



              LC関西マスターズの下見

              0
                 8/16(金)、1ヶ月後に開催するLC関西マスターズの下見に淀川へ行って来ました。 


                連日の猛暑の中、淀川のバスは果敢にアタックしてくれるのでしょうか?


                まずは競技エリアの上流部よりチェック。
                早朝という事と以前から気になる事があるので、まずはビーストレート65からスタートです。
                3投目に小さいですが元気な小バス君が思いっきりアタックしてきてくれました ^^ 


                それからもバイトはあるのですが、サイズが伸びないので、ルアーをビーフォロワー90にチェンジ。
                するとサイズアップに成功〜。23cmですがコロコロなバスをキャッチです!


                その後、陽が昇りきったところで下流域に移動。枚方大橋付近でも結構なバスをゲット出来ました。


                そしてもう一度上流へ向かい、ワンド近くの流れ込み(LCマスターズへ参加頂いた方ならご存じかと〜^^;)で45cmクラスを発見!
                かなりのベイトが集まっているので、それを狙っている様子です。

                高台よりサイトを開始しワームでかなり粘りましたが相手にされず、ベイトのサイズと流れの中をゆっくりとルアーを漂わせたかったのでベビシャ60SPにチェンジ。
                バスの目の前にドリフトさせると一発で食って来ました。
                しかしファイト中にラインがコンクリートに擦れラインブレイク。。。う〜ん、残念。。。 



                当日の淀川は至る所で大量のベイトを確認出来ました。
                バスもこのベイトを捕食しているようで、サイズの割には重量のある個体が多いですね。 

                数も結構釣れますので大会当日が楽しみです!



                現在続々と参加申し込みの予約の連絡を頂いております。
                まだご検討中の皆様、釣れる淀川で腕試しはいかがですか?
                是非ともご参加を!

                スタッフ一同心よりお待ちしております。

                九頭龍レポート

                0
                  北陸もやっと梅雨明けしましたね。
                  っといっても、直前の大雨すごかったです。
                  九頭竜を始め多くの河川が大増水!
                  多くのアングラーが家で待機している中
                  ちょっとだけ、シーバスがどのようなところにたまるのかを調査!
                  すると見つけました。
                  しかも、しっかりベイトを追いかけて捕食しています。
                  流れが速いのでバリッド70Hを通すと速攻でヒット!
                  激流の中の74cmをキャッチ!
                  そして、ちょっと流れの弱いポイントではビーフリーズ100F Mokoにバイト
                  雨上がりはかなりの高活性ですね。
                  水位が上がっているときは危険もありますが
                  発見もいっぱいでした。
                  安全第一でよろしお願いしますね!
                  さあ、これから夏本番です。
                  どんな釣りをしましょうね〜


                  タックル
                  ロッド:リップルフィッシャー Flows810
                  リール:シマノ 10ステラC3000HG
                  ルアー:ラッキークラフト バリッド70H
                               ビーフリーズ100F Moko
                  ライン:バリバス アバニシーバスPE 1号

                  永田裕一



                  布目ダム

                  0
                    7/28(日)、先週に引き続き奈良県の布目ダムに行って来ました。

                    前回があまりにもベビシャが爆発したので他の釣りを試してなかったので実釣です。

                    同じ時間帯に同じエリア。
                    変化があるかと思ってましたが前回同様、コンディションの良いバスがガンガン釣れます。
                    (ただ30cm程水位が下がっているのでヒットする場所が違ってました)


                    数匹釣り上げたので「ベビシャ以外はどうなのか?」とまずはビーフリーズ60SP。
                    ただ巻きやジャーク等、色々使いましたがバスはキャッチ出来ず・・・。
                    次にフラッシュミノーTR。細身のシルエットは?と使用しましたが、これまたチャッチ出来ず・・・。
                    小振りなクラピーも使ってみましたが不発。
                    試してる合間もベビシャを投げるとバスは釣れます^^
                    おそらくベビシャの「動き」が今の布目バスにはピッタリなんでしょうね^o^
                    (次回も同じパターンが通用するならベビシャのザイズ違いでどうなるか試してみます)


                    陽が上がってきてからは、岬を中心に夏パターンをチェックして行きました。
                    そして水深(5〜8m)があり水が大きく動くエリアで今度はビーフリーズダイブがハマリました!
                     
                    このエリアではベイトが少し深かった(3m前後)ので、べビシャよりも潜行深度が深いビーフリダイブがドンピシャでした^^
                    やはりベイトのレンジに出来るだけ近づけてやればヤル気のあるバスはアタックしてきますね^^v

                    毎回フィールドの状態が同じではないのが、釣りを難しく、また楽しくもしてくれてます ^^;


                    「爆発する時、ホゲる時・・・。」

                    これが釣りの醍醐味ですね♪



                    ポコポコクラピー&NEWウォンツクラピー 

                    0
                       この1ヶ月、あちこちのエリアでテストしているポコポコクラピー&ウォンツクラピー、今回は久しぶりの裾野フィッシングパークへテスト釣行です。
                      裾野フィッシングパークは釣れる魚のサイズが良いのとハイパワーの魚達が多く、掛けてからのやりとりがかなりスリリングです。
                      そんな裾野フィッシングパークでポコポコクラピーが魚を反応させることができるか。。
                      ポコポコクラピーは川場のテストで完成したカウンターモデルに対し、更に改良を加えたものを投入。

                      まずは上のポンドからスタート、釣り前の情報では水温は16℃くらい、中層〜ボトムの魚が素直に反応するとのこと、って〜ことはトップは厳しいってこと?そんな情報に逆らうかのように、ポコポコクラピーを使い倒し魚を水面まで引きずり出し反応させる、させてしまうパフォーマンスを確認しました。
                      バイトは多数、フックアップに至らない魚が殆ど、フックアップしても針掛かりが浅いのかすっぽ抜けが多い。
                      トップだけの限定なのでこれだけ魚を反応させることができれば、トップウォータープラグとしては脅威的でしょう。
                      合間を縫ってウォンツクラピーのデフォルメリップモデルのテストを実施、クランクベイトとして今までに無いアクションが魚を魅了するのか、ナイスフィッシュをゲット!これにて午前の部は終了。




                      続いて午後の部、下のポンドでビデオ撮影を兼ねてポコポコクラピーのテストを実施。
                      撮影中に魚を反応させ、ナイスサイズをゲットしています。
                      本番に強いポコポコクラピー。
                      次にウォンツクラピー デフォルメリップモデル、これも良い具合にパワフルなナイス
                      フィッシュを反応させてます。






                      久しぶりの裾野フィッシングパーク、魚達はパワーの隗で慎重にやりとりしないとラインブレイクの危険大です。
                      また釣行しようと思います。

                      タックル
                      スピニング
                      TAPER&SHAPE Area tact ヴィヴァーチェ6F&6.2F
                      ベイト
                      JUST ACE CLAN トラッキング 6.4F
                      リール
                      スピニング
                      2000番クラス
                      ベイト
                      ABU REVO LTX ZPIチューン
                      ライン
                      スピニング
                      ナイロン2LB
                      ベイト
                      ナイロン3LB
                      リーダー0.8号







                      ポコポコクラピー&サーフェースエアブロー良く釣れます!!!

                      0
                         3連休の釣行になります。
                        釣行は3連休中日、釣り場は関越沼田ICからほど近い川場フィッシングプラザ、なんと!初釣行の管理釣り場です。
                        確かイトウが釣れるのと、ラッキークラフトのフラッシュミノー110が定番の釣り場聞いたことがあります。
                        釣り場に着くと、流石3連休中日ポンドはアングラーでほぼ満員状態。
                        ちょっと空いたスペースに、両サイドのアングラーに挨拶してから釣り開始です。


                        まずは反応するレンジをチェックするため、マグナムクラピーDR、ウォンツクラピーDyi1でボトム付近をチェック。
                        きれいさっぱり反応なし。
                        真夏の場合、低水温の水はボトム付近に定位しやすく、そこへ反応するトラウト達がいるだろうという予想は見事に崩れました。
                        色々ルアーローテーションしてもバイトすらないので、本日の任務となるプロトタイプのルアーテストに切り替えです。

                        このプロトタイプのルアーが、お題にあるポコポコクラピー。

                        ポコポコクラピー


                        放流直後はスローラーで。。

                        形状はポッパータイプのトップウォータープラグです。
                        なあーんだと思うなかれ。
                        このテストをして思ったのは、トップウォータープラグといえど侮れない、どころか、このタフコンディション下でコンスタントにバイト、ヒットするのです。
                        そうなるには、かなりの詰めが必要なのは言うまでもありません。
                        ポコポコクラピー、何種類か用意したモデルを一つ一つアクションをチェック。
                        ポッパー形状なのでスプラッシュさせやすいモデル、左右の首振り(ドッグアクション)がでやすいモデル、そして両方が上手くバランスしたモデルとそれぞれ試していくと、明らかに魚の反応が良いモデルがあるのです。
                        そのモデルは一番後者のスプラッシュと首振りアクションがバランスしたモデルでした。
                        このモデルだけはコンスタントに魚を反応させ、バイトは数えきれないくらい。
                        トップウォーターだけにミスバイトが多い、それでも反応の良さはピカイチ、テストしている私もビックリ。
                        肝はスプラッシュと首振りアクションのバランス、浮く姿勢で如何に水に馴染ませ、絡ませるか。

                        この釣行でポコポコクラピーのカウンターモデルが完成です。





                        追記
                        今釣行で爆釣状態になったルアーがあります。
                        それは発売直後のサーフェースエアブロー。
                        サーフェースエアブロー、かなり割り切ったサーフェースクランクです。
                        リトリーブ時発する独特の波動が魚を反応させます。
                        今回はもう一ひねり。
                        使い方は、キャストして少しステイ、このときにバイトが出たりします。
                        反応がなかったら、ここでリトリーブせずロッドのティップセクションを使い、サーフェースエアブローに細かくアクションを加えるとリップがブレーキになり、移動距離の少ない、もがくアクションが演出できます。
                        この効果が抜群でワンキャスト、ワンヒット状態。
                        虫が水面に落ちもがいているのをイメージすると分かり易いと思います。
                        是非試してみてください。







                        calendar
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM