<< 九頭竜のサクラマスも折り返し | main | フィッシングエリアJ トラウトチャンピオンシップ! >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.05.21 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    チャプター徳島 開幕戦【旧吉野川】

    0
      皆さん、ごぶさたです!四国の江崎です。
      日本列島を春の嵐が襲った週末の4月7日(日)に徳島県旧吉野川でチャプター徳島の第1戦が開催されました。


      前日の土曜日からプラクティスに入りましたが強風と大雨でボート出船を断念(安全第一)
      この日は徳島内の釣具屋巡りを行い消耗品関係を補充し明日に備えました。
       
      大会当日スロープに到着すると昨日の猛烈な雨&風の影響で予想どうりの濁り・・・・・
      ボートの準備とミーティングを行いスタート後、まず現状のスポーニングの進行状態と今日の水質に対してバスがどうポジションをとっているのかを確認する為に旧吉野川下流へ向かいました。
      エレキを下ろすと水温は15度程有り濁りに対してバスがカバーの中か外側かと言う部分と
      スポーニングの進行状態をからめて考えながら釣りを行っていましたがいっこうに結果がかえってきません。
      おまけに時間がたつにつれて風も強くなりまともにボートポジションすら取れない状態になっていきました。
      少し上流側へ移動中風裏になる水路を発見し強風を嫌がったバスやベイトはこの様なエリアに集まっているのでは?と思いボートを止めました。
      水路の入り口から奥のエンド部との中間位置に小さい水門が有りそこから若干濁った水が入ってきており水質の境もはっきりと出来ていて、よく見るとベイトの姿も確認できました。
      こんな状況の場合はと手にしたのはバイブレーションLV-RTO150(クロキン)でキャスト2投目で待望のバイト!


      水門前の岩にルアーを当てヒラ打ち直後のバイトでした。この1本を手にしたことによりバスはまだプリスポーンの状態でストラクチャーの外側でも喰ってくることを確認でき、その後は同じ水門前の場所を休めつつバイブレーションで4連発!&2本入替えでウエイトを4キロ強としストップフィッシング。
      結果、4345g/3本で優勝することができました。


      参加者67名中半数がノーフィッシュという厳しい状況の中ハードルアーの爆発力を再認識する大会となりました。
      ありがとうLV-RTO!


      ※多田さんも3位入賞でした


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.05.21 Wednesday
        • -
        • 09:43
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク