<< 生野銀山湖で練習 | main | 小菅トラウトガーデン釣行 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.05.21 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    第6回横浜ボートフィッシング大会 シーバストーナメント

    0
       表題のシーバストーナメントに出場しました。
      チーム制トーナメントなので、我がラッキークラフトチームは私、ソルトテスターの澤村くん、営業瀧田さんと最強?の布陣での参加です。
      3匹合計の叉長、所謂長いの釣ったもん勝ちという分かり易いレギュレーション。
      ボートはいつもお願いしている、シークロ 岡本キャプテン。
      http://www.seakuro.com/

      開会式が終了し、いざスタート!しかしスタート直前まで狙うエリアをどこにするか作戦会議。
      狙うエリアが決定、ワンデイの大会、それも長さ勝負となったら出会い系の釣りになるオープンウォーターしかない。
      東京湾に無数に点在する、ストラクチャーを狙って行けば数的にはブッチギれるがサイズダウンは否めないってことでのオープンウォーターセレクト。
      あえて釣れる確率を下げ、やりきらないと釣れない戦略ってやつです。
      セレクトしたオープンウォーターは他のチームはセレクトしなかったようで我々だけ。
      ニンマリだが、実際は甘くはなかった。
      まずベイトフィッシュが底ベタ、中層付近にいない。
      時期尚早という感じは否めない。
      たらればだが、このセレクトしたエリアでミノーの大きいサイズにバイトがあったら、最低で70cm超えは確実だがミノーに全く反応なし。
      あの手この手、ルアーローテーションしていくが、バイトすらなく時間が過ぎていく。
      そのうち澤村くんがバリッド90Hで52.5cmのシーバスをランディング。
      やっと1匹目をランディング、ホッと胸をなでおろすが、この1匹から色々と情報収集を行い、レンジが深めであると予想した。

      澤村くんの釣ったシーバスと岡本キャプテンがコールする、水深(7m〜11m)、ベイトフィッシュのレンジ(底ベタ)から今日の傾向を自分なりに掴んだ。
      セレクトしたルアーはバリッド90H、コットンキャンディ。
      ボートを潮に流しながら釣っていくので、キャストは流されていくのと逆側にキャスト、ボトムをとってそこからスローリトリーブ、このときボトムから離さないように意識してルアーをコントロール。
      それをやり始めたらバイトが単発的だが出始めた。
      手返しは悪いが、信じてやり続ける・・・・・・・。
      ボトムをとりリトリーブした直後についにきた!
      56.5cmのナイスコンディションの本日初シーバス。
      これで2匹目、この1匹で俄然人間の活性が上がる。
      このパターンは釣れ続くパターンではないので、ひたすらやり続ける。
      少しして同じくヒット!貴重な1匹なので慎重にやりとりしランディング。
      67cm、サイズアップ。

      この1匹は嬉しい。
      あと1匹、入れ替えたかったがストップフィッシングとなり終了。

      結果は12艇参加し7位でした。(昨年よりかなりジャンプアップ)

      優勝は3匹合計218cmを釣ったチーム。

      シーバスは今頃の時期から年末近くまでランカーサイズが釣れる時期です。
      特にボートの釣りは、比較的簡単にシーバスに出会うことができ、初めての人でも楽しめると思います。
      ボートの釣果で20匹とかは珍しくない釣果です。
      是非チャレンジしてみて欲しいと思います。




      スポンサーサイト

      0
        • 2014.05.21 Wednesday
        • -
        • 07:54
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク