<< 隊長ベイト(仮称)のポテンシャル | main | トネスプシーズン到来! >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.05.21 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ウォブティー・シノビのプロトをテスト

    0
      先に発売しているウォブティーと同じサイズ(53mm&61mm)ですが、「シノビ」はサイレント仕様でナーバスになっているコンディションのバスにはとても有効です。

      テストに選んだ場所は「関西でも屈指の厳しいトーナメントレイク」の生野銀山湖、そして「LC関西マスターズ」でお馴染みの淀川です(クリアフィールドとスティンフィールドの両方でのテストを行いました)。
       
       
      まず生野銀山湖ですがクリアレイクで6mぐらいは常に丸見えです。
      バスはかなりタフっていて、ミノーやシャッドなどナチュラル系のプラグには反応しますが、スピナーベイトやクランクなどの「波動の強い」ルアーには
      条件が揃わなければバイトに持ち込むのは難しい湖です。
      (こんな厳しい湖ですがバスを目視出来るのでテストするには良い場所」と考えました)
       
      テスト時にはラトル入りも試しましたが警戒してるのか近寄って来ますが距離をとります。
      しかしサイレント仕様の「シノビ」は集魚効果が非常に優れ、毎回10〜15匹ほどのバスが沸いて出てきてアタックしてきます。


      使い方はキャスト後、50cmほど潜らせ超低速リトリーブ(ブルブルアクションが何とか伝わるぐらい)するとバスが追いかけてきます。
      (止めた時に浮き上がる姿勢にも反応して、バスもルアーと同じスピードで浮き上がります)
       
      そしてアタックは「着水後の最初のアクション」又は「浮き上がり後のアクション」と変化のある時にバイトがありました。
      「シノビ」はクランクベイトなので「タダ巻き」でも反応はしますが今回はスイッチが入る時の「きっかけ」が必要でした。
      (プラグではあまりバイトしないギルにも反応が良かったです)


      そして淀川は大阪の街中にあるバスフィールドで水質はスティン。休みの日には大勢のバサーが訪れるのでプレッシャーもハンパでは無いです。
      (ほとんどの方がソフトベイトで釣りをされ、ハードプラグを使っている方は少ないのが現状です。)
       

      使い方は同じく超低速リトリーブが効きました。
      「弱い波動でしっかり泳ぐ」。まさにこの動きがキモでした。
      (濁り気味のフィールドでは「派手な動き」や「強い波動」が良いと思いますが、あまりにもプレッシャーの高い場所では警戒してナーバスになるようです)

      この様なハイプレッシャーな場所でもサイレントの「シノビ」は大活躍してくれました!
      マジでこの「ウォブティー・シノビ」はヤバイです。メチャクチャ釣れます!


      フラットサイドクランク・「ウォブティー」。
      「ラトル仕様」と「サイレント仕様」を状況によって使い分け、バス釣りの醍醐味でもある「ハードプラグの釣り」をお楽しみ下さい!
      ハードベイトでなければキャッチ出来ないバスが必ず居ますよ!

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.05.21 Wednesday
        • -
        • 09:44
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク