スポンサーサイト

0
    • 2014.05.21 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    チャプター徳島 開幕戦【旧吉野川】

    0
      皆さん、ごぶさたです!四国の江崎です。
      日本列島を春の嵐が襲った週末の4月7日(日)に徳島県旧吉野川でチャプター徳島の第1戦が開催されました。


      前日の土曜日からプラクティスに入りましたが強風と大雨でボート出船を断念(安全第一)
      この日は徳島内の釣具屋巡りを行い消耗品関係を補充し明日に備えました。
       
      大会当日スロープに到着すると昨日の猛烈な雨&風の影響で予想どうりの濁り・・・・・
      ボートの準備とミーティングを行いスタート後、まず現状のスポーニングの進行状態と今日の水質に対してバスがどうポジションをとっているのかを確認する為に旧吉野川下流へ向かいました。
      エレキを下ろすと水温は15度程有り濁りに対してバスがカバーの中か外側かと言う部分と
      スポーニングの進行状態をからめて考えながら釣りを行っていましたがいっこうに結果がかえってきません。
      おまけに時間がたつにつれて風も強くなりまともにボートポジションすら取れない状態になっていきました。
      少し上流側へ移動中風裏になる水路を発見し強風を嫌がったバスやベイトはこの様なエリアに集まっているのでは?と思いボートを止めました。
      水路の入り口から奥のエンド部との中間位置に小さい水門が有りそこから若干濁った水が入ってきており水質の境もはっきりと出来ていて、よく見るとベイトの姿も確認できました。
      こんな状況の場合はと手にしたのはバイブレーションLV-RTO150(クロキン)でキャスト2投目で待望のバイト!


      水門前の岩にルアーを当てヒラ打ち直後のバイトでした。この1本を手にしたことによりバスはまだプリスポーンの状態でストラクチャーの外側でも喰ってくることを確認でき、その後は同じ水門前の場所を休めつつバイブレーションで4連発!&2本入替えでウエイトを4キロ強としストップフィッシング。
      結果、4345g/3本で優勝することができました。


      参加者67名中半数がノーフィッシュという厳しい状況の中ハードルアーの爆発力を再認識する大会となりました。
      ありがとうLV-RTO!


      ※多田さんも3位入賞でした


      四国レポート

      0
         皆さんこんにちは!四国の江崎です。
        三寒四温の真っ只中、どうお過ごしでしょうか?
        今回は試合までの期間が開いた為、多田さんと二人で旧吉野川へ行って来ました。

        3月18日(日) 江崎&多田 【徳島県、旧吉野川】

        この日は朝から冷たい雨が降り、徐々に上がってきていた水温も下がってしまい
        更に水質は白にごり・・・
        そんな安定しない状況の中でプリスポーンの動きを二人で考えながら
        まず、濁りを考慮しカラーはともにキンクロ。
        私はべビーシャッド75SP、多田さんはべビーシャッド60SPを使用し旧吉攻略を開
        始!
        狙うは太陽光で暖められた表水温とボトムの冷たい水の境目(サーモクライ
        ン)をトゥイッチ&ポーズで狙います。
        流しはじめしばらくすると多田さんにバイト!


        2月〜3月初旬はサスペンドシャッドのリアフックへ喰ってきていたのですが
        写真の様に今日はフロントフック部に喰ってきています。
        続いて私のべビーシャッド75SPにバイト!


        多田さんと同様にフロントフックへのバイトから水温は下がっていてもバス自体は以前より動き出した印象でした。


        1日やりきった結果です。やはりべビーシャッドはよく釣れます!!

        3月21日(水) 田渕ガイド 【香川県、野池】

        3月に入ってからのサスペンドシャッドは好調で、
        特に冷え込みのキツイ朝はトゥイッチ&ポーズのポーズ中にガツンとアタックしてきてサスペンドシャッドならではの釣りを楽しめていました。
        冷え込みのキツかった3月21日のオカッパリガイドサービスで、
        初めて来て下さった紺野さんにベビーシャッド40ダイブSPをおすすめして使って頂くと、動かし方を覚えた途端に連発されました。


        この時よかった動かし方は、2回トゥイッチ&ポーズでポーズ1〜2秒後にバスがアタックしてきました。
        サスペンドシャッドは、年中使えるルアーでその状況に合うアクションを覚えると連発できるルアーですのでぜひサスペンドシャッドを使ってみてください。

        3月30日(金) 江崎 【徳島県、旧吉野川】

        水温も12度台まで上がり春クランクの出番です!


        DBS4 すばらしい !

        ※4月8日は旧吉野川の行われているチャプター徳島の開幕戦です。
        毎度のことですがしっかり練習して試合に挑みたいと思います。

        JB四国シリーズ第1戦

        0
          皆さん、ごぶさたです。四国の江崎です。

          今期の開幕戦となったJB四国シリーズ第1戦が3月4日【日】に徳島県旧吉野川で開催されました。
          期待と不安を胸に前日の土曜日からプラに入りました。
          スロープに到着後、今年から新しくなったボートの準備を済ませプラクティススタートです。

          まずプリプラで手ごたえのあった旧吉野川下流域を見て回りましたがプリプラの時と比べ2℃ほど水温が上昇し約9℃。
          水質は雨の影響で白濁りになっており「どう変わったかな〜?」と思いながらプリメスを求め各エリアを見て周りました。


          水温が上昇したことと濁りの影響で2月中旬のプリプラ 時に爆発していたサスペンドシャッド(ビーフリダイブ・ベビーシャッド75)のパターンは沈黙・・・
          ワーム系の釣りへ切替え全エリアをかるく見て回り前日プラを終えました。
          プラを終えた段階では全体的に冬っぽいイメージでしたが、大会当日はやはり春の大型個体を狙わなくては勝てないと思い守りに入る事無く、タイミングを合せファースト・コンタクトポイントに入ってくるバスを狙い釣っていきました。


          結果は狙い以上 で旧吉公式戦の歴代記録更新となる2944gを含む5005/3本で優勝することができました。


          ウェインバックに入りきれないバス、これがネットインした時はしびれました。


          今後もしっかり練習して試合に挑みたいと思います。
          狙うは旧吉でのクラシック出場です!

          香川のオカッパリ釣行!

          0
             みなさん、こんにちは。
            そろそろ、春の訪れに備えてタックルの準備をしている方もいらっしゃるのではないかと思いますが、年中釣りバカりしている田渕が香川県の野池釣行をレポート致します。
             
            香川県の野池では、昨年秋からメタルバイブやサスペンドシャッドでの反応がどんどん良くなっていきました。
             
            2月は、最も水温の下がる季節ではありますが、2月12日の野池釣行は、暖かい日差しに包まれていました。
            この日良かった釣り方は、ビリーフリーズ65ダイブSPを岸寄りのブレイク下付近まで潜らせて釣る釣り方で、スローなタダ巻きでもトゥイッチ&ストップでもアタックしてきました。


            2月18日は、野崎プロが大阪から来られたので、サスペンドシャッドの釣りを楽しんでもらおうとビーフリダイブで良く釣れていた野池に行ったのですが、バスは動いてない感じでサスペンドシャッドでは軽くバイトはあるのにのらない状況でした。
            サスペンドシャッドで釣る事は出来ませんでしたが、動かない状態のバスに何とか口を使わせ釣り上げる事は出来ました。


            2月25日は、オカッパリガイドサービスで大阪から来て下さりました中西さんと奥本さんと一緒に同じ池に行くとサスペンドシャッドが復活(^o^)丿!今度はベビーシャッド40ダイブのトゥイッチ&ポーズに反応が良くなっていました。
            しかし、以前より小さいサイズのバスの活性が上がったようでサイズはダウンとなりました。


            その後回った野池は、巻き物に反応が良く、クラッチMRとスピンボードのタダ巻きにバイトが沢山ありました。
            中西さん、奥本さん共にスピンボードで2匹ずつ、4匹共にいいサイズのバスを掛けたのですが、リアフックのみに掛かっていたようでキャッチ出来たのは奥本さんの1匹のみとなりました。


            私もスピンボードで1匹キャッチ出来ました。


            メタルバイブは、タダ巻きやリフトフォールのリフト中にバイトがある場合、リアフックに軽く噛んでくるだけでダブルフックだとのらない事が多いので、そのような場合はリアフックのみトリプルフックに換えています。


            これから3月になると、さらにサスペンドシャッドでの釣果は良くなってくると思いますので、サスペンドシャッドなどを使ってバスフィッシングを楽しんで下さいね。

            JBII四国シリーズ第1戦優勝

            0
              皆さん、ご無沙汰しています。四国の多田です。5月22日に行われたJBII四国シリーズ第1戦で優勝しました。優勝は久しぶりだったので、もの凄くうれしいです。


              今回の試合ではスポーン直後のアフターのメスをどうやって釣るかがカギとなりました。
              前日のプラクティスでは広くエリアを見て回りましたが、今年はウィードが少なく、例年の様に背の高いウィードにつくバスを、フラッシュミノーで釣っていくパターンは通用しませんでした。そこで水深2メートルのフラットにある、背の低いウィードパッチにノーシンカーワームをステイしておくと、回遊しているバスが喰ってくれるのが解かりました。また少し深いところのウィードパッチにもアフターのメスがついているのが解かって、前日プラを終えました。


              当日の朝、6ヶ所ぐらいのエリアをどう廻るか凄く悩みましたが、まず深い所の魚から釣っていく事にしました。しかしベイトは多いのですがバスからの反応がないため、すぐ近くの橋脚にからむフラットに行く事にしました。するとすぐにいい魚がバイトしてきたのですがバラしてしまいました。気を取り直してキャストするとまたすぐにバイト!今度の魚は相当大きく、なかなか上がってこなかったのですが慎重にやり取りしてようやくネットイン!この魚が2キロ量りを振り切り、しばらく手が震えていました。この後なかなか思う様にサイズのいい魚が釣れなかったのですが、帰着してウエイトを測ってみると目標にしていた4キロをこえていました。もう少しみんなのウエイトが伸びるかと思いましが、4150グラムで優勝することができました。


              これからの時期、旧吉ではラッキールアーで良く釣れるので、是非遊びにきてください。田渕さんと私もボートフィッシングガイドをしていますので良かったらご利用ください。




              calendar
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << July 2017 >>
              PR
              selected entries
              categories
              archives
              links
              profile
              search this site.
              others
              mobile
              qrcode
              powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM